scrap-it-to


ビル管理への就職を目指すためにあわせ持つと有利な第三種冷凍機械責任者

2016.05.17 01:44





 今回紹介するのは、第三種冷凍機械責任者です。もっと就職に有利になる資格として、第二種電気工事士があるのですが、電気の配線工事の実技試験があるので、一朝一夕には、いかない部分があります。

それで電気工事士は、後ほど紹介することにして、今回は、第三種冷凍機械について書きたいと思います。

機械室.jpg


 冷凍機械というと冷凍倉庫、冷凍冷蔵工場などで必要な資格と頭に思い浮かべると思います。事実そのようなところでも必要な資格ではあるのですが、ここでは、ビル管理に必要な資格として書きたいと思います。

 冷凍機械とビル管理は、頭の中では、あまり結びつかないところもあると思います。しかしビルの冷房設備には、冷凍機械が使用されているところがあります。

 冷凍庫、冷蔵庫に使うのではなくて、機械設備室の中に大きな冷凍機があって、そこで一括して冷媒を作り、ビルの各部屋で冷房を行っていることがあります。そこで大型の冷凍機械がある所では、冷凍機械責任者の資格所有者が必要になってきます。

 冷凍機械責任者には、一種、二種、三種の種類があります。ビル管理ということだけ考えると三種を持っていると、ほとんどのビルで保安監督できることになりますので、三種を取得してしまえば、他は、あまり必要ありません。

 それでは、この資格を取得して実際にどのような仕事をするかということになります。ボイラー技士と同様に日常の業務としては、機械が正常に動いているかデータを取ったり、温度を確認したりという仕事になります。

 そして冷却水の温度を下げるためにクーリングタワー(冷却塔)という設備があるので、そこを清掃したりします。

 もちろん冷凍機の運転だけで採用になることはないと思いますので、二級ボイラーや危険物とあわせ持つと有利ということになります。

 しかしボイラー技士と違って、取り扱う人が全てこの資格を持つ必要はありません。同じ施設の中に一人保安責任者がいればいいことになっていますので、他の作業者は、資格を持っている必要がありません。

 それゆえボイラー技士よりも求人は、少ないと思います。しかし、この資格で採用になると保安責任者になることができますので、後々には、ボイラーよりも給料は、高くなる可能性があります。

 そのようなことから二級ボイラー技士や危険物取扱者の資格から取得した方が、就職先は、早くみつかると思います。どちらにしてもあわせ持つことが給料が高くなっていく道に繋がると思います。

 それでは、ハローワークのリンクを貼っておきますので、地元のビル管理の仕事での第三種冷凍機械責任者の求人を確認してみて下さい。


 ハローワーク
 https://www.hellowork.go.jp/





 次は、第三種冷凍機械の取得方法や勉強方法について書いていきたいと思います。リンクは、以下の通りです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/373072394.html



 第三種冷凍機械責任者に合格するために通信教育の講座を紹介した記事のリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/431181860.html



 合わせ持つと有利なボイラー技士や危険物取扱者の関連記事のリンクは以下の通りです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372346464.html
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20809032-1.html
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372606820.html
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21825688-1.html










【森山ナポリ】食材の美味しさをギュッと瞬間冷凍で閉じ込めた、本格ナポリピザをご家庭で!



















就職・アルバイト ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!







コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する